TOPクラウド > Google、パスワードの流出や強度をチェックする機能をリリ...

クラウド

Google、パスワードの流出や強度をチェックする機能をリリース

2019/10/04

Brad Chacos PCWorld

 チェックにひっかかったパスワードは変更を促されるが、Chromeのパスワードマネージャーに限定せずに包括的な防御を実現するには、単体のパスワード管理ツールをお勧めする。単体のツールについては、PCWorldのレビュー記事も参考にしてほしい。

 なお、セキュリティ研究者Troy Hunt氏が運営している優秀なサービス「Have I Been Pwned」には、流出したデータに自分の情報が含まれていないかを自動でチェックしてメールで通知してくれる機能がある。また、Googleが今年2月に公開したChrome拡張機能にも、同様の通知機能が存在する。一方、Googleが今回発表した機能は、現時点ではGoogleアカウントのページを自分で開いてチェックを実行する必要がある。だが年内には、こうした機能をChrome自体に搭載して、誰もが使えるようにするとのことだ。拡張機能なしでも、パスワードを入力する時にリアルタイムで守るとしている。

 今回Googleがリリースした機能は実に素晴らしい。パスワードの再利用、それも脆弱なパスワードの再利用となると、現在のインターネットで特に大きなセキュリティリスクの1つだ。Chromeを通じて、人々のアカウントがハッキングの被害に遭う前に注意を促すというのは、まぎれもなくよいことである。

(了)

翻訳:内山卓則=ニューズフロント
記事原文(英語)はこちら

↑ページ先頭へ