TOPアプリ/OS > G SuiteのAIが強化、Googleアシスタントや入力支...

アプリ/OS

G SuiteのAIが強化、Googleアシスタントや入力支援機能を搭載

2019/11/28

Matthew Finnegan Computerworld

 近年AIで強みを発揮してきた米Googleが、「G Suite」のAI機能を着実に強化しつつある。新たに、いくつかのアプリをGoogleアシスタントに対応させたほか、Googleドキュメントには、文の続きを提案する入力支援機能「Smart Compose」を搭載した。

Credit: Elyssa Zornes

 G SuiteがGoogleアシスタントに対応することは、今年の春に発表された。現在はベータ版として機能の提供が始まっており、管理者がベータプログラムへの参加登録を行うことで利用できる。例えばGoogleカレンダーのスケジュールを読み上げてもらったり、予定の作成/削除/リスケジュールを音声で命じたりできる。あるいは、ミーティング参加者へのメール送信や、Hangouts Meetの音声通話/ビデオ通話も音声操作で行える。また、台湾ASUSTeK Computer製の「Hangouts Meetハードウエア」もGoogleアシスタントに対応し、会議への参加/退出などが音声操作で行えるようになった。

 音声AIアシスタントは、仕事の世界へと徐々に進出しつつある。米Gartnerは、これから2年以内に、デジタルワーカーの25%が仮想アシスタントを日常的に使うようになると予測している。

 Googleアシスタントをコンシューマー分野で広く浸透させているGoogleは、音声技術のビジネス利用を推進するうえでも有利な立場にある。そう話すのは、米IDCのリサーチディレクター、Wayne Kurtzman氏だ。

 「音声対応を巡る競争が始まる中、Googleは、堅実な機能、Google Cloudのセキュリティ、競合各社を大きく上回る習得機会という面で、非常に有利だ」

↑ページ先頭へ