TOPクラウド > サーバーレスのクラウド開発プラットフォーム「Forge」、A...

クラウド

サーバーレスのクラウド開発プラットフォーム「Forge」、Atlassianから

2019/12/17

Paul Krill InfoWorld

 Forgeを構成する主な要素には次の3つがある。

  • サーバーレスFaaSプラットフォーム。「AWS Lambda」を基盤としている。コンピューティングやストレージのサービスはAtlassianが運用を担う。開発者は、Webアプリケーション全体の構築や、インフラ全体のオーケストレーション、あるいはID、認証、スケーリングといった要素の複雑さから解放され、個別の関数の開発に意識を向けることができ、必要なコードの量も減る。Forgeで開発したアプリケーションは、テナント分離を確保したセキュリティレイヤーの中で動く。
  • 宣言型UI言語「Forge UI」。Atlassianの公式UIライブラリである「Atlaskit」に対応している。Webや各種デバイスに対応するクロスプラットフォームのユーザーエクスペリエンスを、数行のコードで開発できるとのこと。
  • Forge CLI(コマンドラインインタフェース)を基盤とするDevOpsツールチェーン。「Bitbucket Pipelines」を利用した継続的デリバリーに対応している。

(了)

翻訳:内山卓則=ニューズフロント
記事原文(英語)はこちら

↑ページ先頭へ