TOPクラウド > 顧客ドリブンのオープンソースがソフトウエアの未来

クラウド

顧客ドリブンのオープンソースがソフトウエアの未来

2019/12/25

 一説によると、世界には約1億9000万社の企業があるという。もし、そのすべてがオープンソースのコントリビューターだったとしたらどうなるだろうか。もちろん、世の企業のほとんどは、コードをコントリビュートする立場にはない。しかし、真に持続可能性があって顧客の役に立つオープンソースを望むのであれば、その提供元として最もふさわしい企業にそろそろ目を向ける必要があろう。すなわち、ソフトウエアベンダーではない企業である。

 実際に日々利用する企業のニーズに合わせて開発されたソフトウエアの方が、出来もよくなるはずだし、持続可能性についての心配も減る。

持続可能性との関係

Credit: Fancycrave (CC0)

 オープンソースの利用はかつてないほど広がっているが、現在は「オープンソースの持続可能性」が危機に直面しているとされる。これと同じ「危機」は20年前からあり、このままでは持たないとの警鐘が繰り返されてきた。筆者も2008年のCNETの記事では次のように書いた。「企業がオープンソースを利用するばかりで、金銭やコードのコントリビュートによる還元をしないのであれば、オープンソースは再生不可能なリソースとなるおそれがある」

 だが、筆者の懸念は2013年には和らぎ、当時の記事には次のように書いた。「オープンソースのエコシステムの活力がこのように劇的に改善した背景には、2つの動向がある。1つは、自由度が高いApache型のライセンスへの移行。もう1つは、米FacebookなどのWebテクノロジー企業によるオープンソースのコントリビューションの増加だ」

↑ページ先頭へ