TOPコンシューマIT > PCもタブレットも不要なロボットプログラミング学習キット「K...

コンシューマIT

PCもタブレットも不要なロボットプログラミング学習キット「KIBO」

2019/12/27

Ben Patterson TechHive

センサーなどのモジュールとの連携や条件判別にも対応

 もちろん、KIBOのプログラムで制御できる機能は、前後左右の動きだけではない。メインユニットの上部にある5つの端子のそれぞれに、センサーや出力などのさまざまなモジュールを装着し、その動作をブロックで制御することもできる。例えば、サウンドセンサーを装着すると、「手をたたくまで待つ(WAIT FOR CLAP)」というブロックが使える。録音/再生モジュールを装着すると、録音した内容を再生するブロックが使える。

 特に面白いのは、「Free Throw」という拡張セットだ。メインユニット上部に装着したアームと、「投げる(THROW)」というブロックを使って、2個のピンポン玉を同時に投げさせることができる。筆者の娘と友だちにとって断トツのお気に入りだ。

 基本的なプログラミングの要領がつかめたら、さらに一歩進んで、条件判別を交えたプログラミングもできる。例えば、「IF」ブロックは、条件を表すカードをマジックテープで留められるようになっている。条件としては、光センサーと連携する「暗い(DARK)」というカードや、近接センサーと連携する「近い(NEAR)」というカードなどが使える。

 また、反復処理の「REPEAT」ブロックには、反復回数を表す「2」「3」「4」「無限(FOREVER)」のカードや、「暗くなるまで(UNTIL DARK)」といったカードが使える。

 プログラミングばかりでなく、別の楽しみ方もある。例えば、別売りの円形や四角の台座を載せてメインユニットを飾り立てたり、絵や文字を書いたホワイトボードを立てたりといったこともできる。

↑ページ先頭へ