TOPコンシューマIT > PCもタブレットも不要なロボットプログラミング学習キット「K...

コンシューマIT

PCもタブレットも不要なロボットプログラミング学習キット「KIBO」

2019/12/27

Ben Patterson TechHive

試行錯誤からの学び

 娘と友だちがKIBOのプログラミングで遊ぶのを見ていたところ、スキャナーでバーコードをきちんと読み取る作業が最大の難関であることが多かった。重さが700グラム近くもあるメインユニットを持ってバーコードを読み取るのは、子供には一苦労だ。スキャン失敗のブザー音に、不満の声を上げていた。

 だが意外にも、子供たちは根気強かった(何をやるにも、ほんの少しでも面倒になったら、すぐにサジを投げることが多い7歳の子供たちがである)。そしてついには、バーコードの読み取りは上からより横からの方がうまくいきやすいというコツを、自分たちで探り当てていた。また、KIBOのプログラムをデバッグするのも楽しそうで、プログラムの流れや条件判別が思ったとおりに動かない理由を探っていた。全体として、子供たちは見るからにKIBOに夢中で、脳をフル回転させていた(実際、娘の友だちの1人は、KIBOを絶対買ってほしいと父親にねだっている)。

 KIBOのキットは、なかなかの出費であるのは間違いない。しかし、値段は安いがすぐに遊ばなくなってしまうプログラミング玩具(娘に言わせれば、その手のおもちゃは「つまらなすぎる」そうだ)に比べれば、結局はお得だ。また、本人は面白くてただただ夢中になっているだけで、何かを身に付けているとは意識していない点も、筆者は大いに気に入っている。実に巧みだ。

↑ページ先頭へ