TOPアプリ/OS > Appleのマップアプリ、目標からわずかに遅れて全米のデータ...

アプリ/OS

Appleのマップアプリ、目標からわずかに遅れて全米のデータ更新を完了

2020/02/03

Jason Cross Macworld

 米Appleは、「マップ」アプリの新しい地図データを米国の全ユーザーが利用可能になったことを1月30日に発表した。新しいデータへの更新は、2018年にカリフォルニア州北部から始まり、2019年を通して他の主要地域へと段階的に拡大していた。

Credit: Apple

 Appleはもともと、2019年末までに米国全体を新しいデータでカバーするとの目標を表明していたが、わずかに遅れての完了となった。今後は、欧州でもロールアウトを始めると同社は発表している。

 新しい地図データは、道路、建物、住所などの情報の詳しさやカバー度が大きく高まり、精度も上がっていることから、マップアプリの使い勝手が劇的に向上する。

↑ページ先頭へ