TOPコンシューマIT > Apple、米国の一部都市でiPhoneの訪問修理サービスを...

コンシューマIT

Apple、米国の一部都市でiPhoneの訪問修理サービスを開始

2020/02/05

Michael Simon Macworld

 近所にApple Storeがある人なら、iPhoneを持ち込んで修理を依頼するのも簡単だ。だが今後は、そうでない人も、修理の際の手間が減るかもしれない。米Appleは、米国の一部の都市で、オンサイト修理のサービスを始めた。この件については、Apple情報サイトMacRumorsが最初に報じた。

Credit: Jason Cross/IDG

 今回始まったオンサイト修理は、Appleの委託先業者の技術者が自宅や職場にやって来て、画面割れなどの一般的な修理に対応してくれるというもの。ただし、その場で修理が完了するのか、持ち帰り修理になるのかは不明だ。現時点でこのサービスは、サンフランシスコ、ロサンゼルス、ニューヨーク、シカゴ、ヒューストン、ダラスで提供されている。

↑ページ先頭へ