TOPソーシャル > Microsoft Teams、リアルタイム雑音除去など新機...

ソーシャル

Microsoft Teams、リアルタイム雑音除去など新機能を年内追加へ

2020/03/24

Mark Hachman PCWorld

 Teamsの新機能は、全体的に共通したテーマはあまりないが、一部の新機能は、既存の機能の延長線上にある。例えば、リアルタイムの雑音除去機能は、ビデオ会議で映像の背景をぼかしたり入れ替えたりできる機能に近い。Microsoftが披露した実演では、オンライン会議の出席者がスナック菓子の袋に手を入れた時のガサガサ音が自動で消えていた。

 挙手機能は、複数の人が参加するオンライン会議で、質問や発言があることをアイコンで示せるというもの。ただしMicrosoftが披露した映像で見る限り、挙手のアイコンはかなり小さくて目立たない。

 チャットのポップアウト機能は、チャットを別ウィンドウで開ける。Windows 10のメールアプリでメールの作成や返信を独立したウィンドウで行えるのと同じ具合だ。

 オフライン機能は、インターネットにつながっていない時や接続が遅い時でも、チャットのメッセージを読んだり返信を入力したりできる。Microsoftはこの機能の実演を披露しなかったが、おそらくOutlookのオフラインモードと似たような機能だろう。新型コロナウイルスの影響が広がる中、ネットが止まるような事態が起きないことを祈りたい。

 このほか、ファーストラインワーカー(現場の最前線で仕事をする従業員)など、特定の職種や業種に向けた新たな機能や機器も明らかになった。その1つが、Teamsと連携するRealWearヘッドマウントデバイスだ。現場の保守作業員と本部のサポートスタッフをTeamsのビデオ通話で結んで、現場の様子をリアルタイムで見てもらうといった使い方ができる。また、中小企業向けのテレフォニーソリューション「Microsoft 365 Business Voice」のサービスを米国で開始することも発表された。

(了)

翻訳:内山卓則=ニューズフロント
記事原文(英語)はこちら

↑ページ先頭へ