TOPマネジメント > スマート体温計のデータで示す全米各地の発熱者マップ

マネジメント

スマート体温計のデータで示す全米各地の発熱者マップ

2020/04/23

Jon Gold Network World

 スマート体温計を手がける米Kinsaは、全米の膨大な利用者から匿名で収集した体温データを集計して提供している。今回の新型コロナウイルスをはじめ、パンデミックの状況を把握して知見を得るうえで、有益な情報となるかもしれない。

Credit: Kinsa / Leaflet / OpenStreetMap / CARTO

 同社の創業者で最高経営責任者(CEO)のInder Singh氏に話を聞いた。全米各地の住民の発熱の状況をほぼリアルタイムで把握できることは、社会全体にとっても、政府、自治体、医療分野の意思決定者にとっても、極めて重要な情報になると同氏は言う。

 同社製品のネットワークの仕組みは比較的シンプルだ。スマートフォンと体温計をBluetoothでつなぎ、スマホ上のKinsaアプリが取得した体温計のデータを、匿名化した形でKinsaのクラウドにインターネット経由で送っている。同社はこれらのデータを集計しているが、郡レベルにとどまる集計であることをSingh氏は強調し、Kinsaのデータを通じて個人を特定することはほぼ不可能だと主張している。

 「PII(個人を特定できる情報)は提供していないし、個人を特定したデータも提供していない。アプリでは、利用者が必要とするケアやサービスについてのアドバイスの提示しかしない」

↑ページ先頭へ