TOPクラウド > Oracle Cloud HCM向けのアナリティクス製品が登...

クラウド

Oracle Cloud HCM向けのアナリティクス製品が登場

2020/05/14

Thor Olavsrud CIO

 米Oracleは5月12日、人材情報管理システム「Oracle Cloud Human Capital Management(HCM)」向けのアナリティクス機能を提供する新製品「Oracle Analytics for Cloud HCM」を発表した。「Oracle Analytics for Fusion Applications」の製品群の1つで、標準装備のさまざまなKPIやダッシュボード、レポートを使って、セルフサービスで分析を行うことができる。

Credit: Oracle

 OracleでAIとData Analytics Cloudを担当するグループバイスプレジデントのBruno Aziza氏は、この製品の狙いについて次のように説明する。「企業各社は、人材や財務に関して多くの分析を行った方がよいが、データを逐一移動しなければならなかったり、業務プロセスとの連携がなかったり、バックオフィスのアプリケーションと統合されていなかったりといった点がネックになることが多い」

 Oracle Analytics for Cloud HCMのアナリティクス機能では、人材の構成、管理職のパフォーマンス、スパン・オブ・コントロール、ダイバーシティ、離職率/定着率、コンパレシオなどに関する情報を、人事部門の幹部や担当者がセルフサービスで分析できる。「Oracle Cloud ERP」と密接に連携し、さまざまなバックオフィス業務についてインサイトが得られる。

 「こうした人事担当者がデータを扱うためには、これまでは数多くの作業が必要だったが、今回提供するソリューションは、パッケージ化されたコンテンツをすぐに使えるようになっており、ERPとそのまま連携できる」

↑ページ先頭へ