TOPソーシャル > Teams for Education、新学年開始に向けた新...

ソーシャル

Teams for Education、新学年開始に向けた新機能を発表

2020/06/17

 Microsoftの公式ブログには次のような言及がある。「従来の授業計画は、必ずしもそのままデジタル化できない。ライブ授業だけでは学校生活を再現できない場合が多いことを、教師は認識しつつある。リモート学習で直面した主な課題として、『デジタルで生徒たちの関心を維持する』ことと『生徒たちの参加』を挙げた教師が半数を超えている」

 Class Insightsでは、生徒たちの出席、参加、宿題提出などに関するデータを把握できる。秋までに、トレンド表示の機能が新たに加わるとのこと。

 新機能のMeeting Lobbyは、「Zoom爆撃」のような部外者の乱入を防ぐための機能だ。また、教師なしで会合を始めたりできないようにする新たなオプションも加わる。

 Microsoftのブログ記事では、動画の背景をぼかす機能や、背景に独自の画像を設定する機能についても言及がある。生徒たちの気が散るのを防いだりプライバシーを守ったりするうえで、こうした機能は重要だ。なお、独自の背景画像を設定する機能は数カ月前からあり、これまでは手順が多少複雑だったが、現在は簡単に設定できるようになった。

 このほか、ブログ記事では、2018年に買収した動画ベースのソーシャル学習プラットフォーム「FlipGrid」や、人気のゲームの教育向けエディションである「Minecraft:Education Edition」、読解力向上を支援する「Immersive Reader」といったツールにも言及している。

(了)

翻訳:内山卓則=ニューズフロント
記事原文(英語)はこちら

↑ページ先頭へ