TOPアプリ/OS > Apple、Macの自社製チップ移行で開発者向けプログラムを...

アプリ/OS

Apple、Macの自社製チップ移行で開発者向けプログラムを開始

2020/06/25

Paul Krill InfoWorld

 米Appleは6月22日、Macのプロセッサを米Intel製から自社製の「Appleシリコン」に移行することを発表した。開発者にも、アプリのAppleシリコン対応に取りかかるよう促している。Appleシリコンを搭載した最初のMacは、年内に出荷開始の予定。

Credit: Getty Images

 今回Appleは、開発者のAppleシリコン対応を支援するためのプログラム「Universal App Quick Start Program」も発表した。このプログラムでは、Appleの「A12Z Bionic」チップを搭載した開発用システム「Developer Transition Kit」のほか、次期OS「macOS Big Sur」と開発ツール「Xcode 12」のベータ版、ドキュメント、フォーラムでのサポートを利用できる。Developer Transition Kitは、プログラム終了時にAppleに返却する必要がある。プログラムの参加費用は500ドルで、developer.apple.comから申し込める。

↑ページ先頭へ