TOPアプリ/OS > Apple、Macの自社製チップ移行で開発者向けプログラムを...

アプリ/OS

Apple、Macの自社製チップ移行で開発者向けプログラムを開始

2020/06/25

Paul Krill InfoWorld

 Appleシリコンへの移行は、Apple製品全体のアーキテクチャを共通化することを狙いとしたもので、エコシステム全体に向けたアプリの開発や最適化がしやすくなる。2年ほどで移行を完了する予定で、「かつてないほど大きなMacの飛躍」だとAppleはうたっている。一方で同社は、IntelベースのMacに向けたmacOSの新バージョンのリリースとサポートも当分の間は続けることを表明しており、IntelベースのMacの新製品も開発中だとしている。

 AppleがMac向けの自社製SoCで目指しているのは、業界屈指の電力効率と、ハイパフォーマンスなGPUだ。これまで以上にパワフルなアプリを開発できるようになることが期待される。また、SoCに搭載される機械学習エンジン「Neural Engine」も生かせるようになる。

(了)

翻訳:内山卓則=ニューズフロント
記事原文(英語)はこちら

↑ページ先頭へ