TOPマネジメント > 4~6月期の世界パソコン出荷台数、新型コロナに伴う需要で増加...

マネジメント

4~6月期の世界パソコン出荷台数、新型コロナに伴う需要で増加

2020/07/14

 ノートパソコンについては、当期は大きく増加したものの、ニーズが一巡した後で売上が鈍化する可能性があるとGartnerは指摘する。「モバイルパソコンの伸びは非常に堅調だった。これは、リモートワークでの事業継続や、オンライン教育、消費者の娯楽のニーズなど、いくつかの要因による。だが、2020年を過ぎれば、モバイルパソコンの需要の伸びは続かないと見る。今回の出荷増は、新型コロナの影響による短期的なビジネスニーズが中心だ」

 米国のパソコン出荷台数は5期連続で前年同期を上回った。伸び率が特に大きかったのは米HPで20.1%増、次いで米Microsoftの15.2%増だった。

 「米国でモバイルパソコンの需要が堅調だったのは、新型コロナに伴って施行された外出規制措置によるものだ。2020年第2四半期には、外出規制を緩和する州も出てきたが、感染再拡大への備えを続ける企業も多く、事前措置としてモバイルパソコンの需要が堅調だった」

↑ページ先頭へ