TOPアプリ/OS > KubernetesとSD-WANの連携を強化するオープンソ...

アプリ/OS

KubernetesとSD-WANの連携を強化するオープンソースプロジェクト「CN-WAN」

2020/08/25

 現在のSD-WANソリューションは、WAN上でのトラフィックの処理をプログラムで制御するためのAPIを持つものが多い。これを自動化やアプリケーション最適化に活用できるとApostolopoulos氏は説明し、「Kubernetesの宣言的な性質と、現在のSD-WANソリューションのプログラム可能な性質を組み合わせる余地がある」と述べている。

 CiscoのCN-WANは、こうした考えから生まれた。このプロジェクトは、Cisco Viptela SD-WANのようなSD-WANソリューションとKubernetesとをシームレスに連携するためのリファレンス実装を提供する。この実装のアーキテクチャでは、KubernetesクラスタにデプロイするマイクロサービスのトラフィックをSD-WANでどのように処理する必要があるかをDevOpsチームが指定でき、NetOpsチームはそうしたマイクロサービスのニーズを自動で反映して、WAN上で稼働するアプリケーションのパフォーマンスを最適化できる。

 Apostolopoulos氏によると、このアーキテクチャの主な構成要素として、CN-WAN Operator、CN-WAN Reader、CN-WAN Adaptorの3つがある。このうちCN-WAN Operatorは、Kubernetesクラスタで動作し、デプロイしたサービスとメタデータをアクティブに監視する役割を担う。DevOpsチームは、Kubernetesの標準のアノテーションを使って、アプリケーションのトラフィックプロファイルなど、WAN固有のメタデータをサービスに対して指定する。CN-WAN Operatorは、こうしたサービスとメタデータの情報を取得し、Service Registryというレジストリに自動で登録する。

↑ページ先頭へ