TOPアプリ/OS > Mozilla、YouTubeのおすすめアルゴリズムを調査す...

アプリ/OS

Mozilla、YouTubeのおすすめアルゴリズムを調査するための拡張機能を公開

2020/09/23

Mark Hachman PCWorld

 RegretsReporter拡張機能をインストールすると、YouTubeの利用時間の情報がバックグラウンドでMozillaに自動で送信される。また、視聴した動画を遺憾だと思った際には、その動画がおすすめされるまでにたどった経緯や、遺憾と思った理由もあわせて報告できる。こうした情報収集や報告は、いずれも匿名で行われる。

 Mozillaは、こうした情報を集めることで、人種差別、暴力、陰謀論などのコンテンツにつながっていくおすすめ動画の種類や、その種のおすすめに至る利用パターンなどを探り、調査結果を公表するとしている。参加者には、不適切な動画をあえて探すような使い方はしないよう求め、通常どおりYouTubeを利用するよう促している。

YouTubeのおすすめの謎に迫る

 Mozillaは、YouTubeなどのサイトで使われているおすすめ表示のAIのアルゴリズムについて探る取り組みを、昨年後半から始めた。Mozillaのアドボカシー&エンゲージメント担当バイスプレジデントのAshley Boyd氏は、韓国のラブコメ作品を何気なく1回見たら、Netflixのおすすめ表示の半数以上が韓国作品になったという自らの経験や、YouTubeの視聴時間の70%はYouTubeのおすすめ動画の視聴だというデータについて、昨年8月の公式ブログ記事で紹介している。

 Boyd氏はインタビューで次のように話している。「我々のデータが収集され、我々が完全に理解していない形で提供され、広告やその他のコンテンツのターゲティングに使われている。その現状を踏まえて、立場の逆転を目指し、利用者らに情報を提供してもらう集団調査を始めることにした」

↑ページ先頭へ