TOPマネジメント > Salesforce、パブリッククラウド利用への一大転換をH...

マネジメント

Salesforce、パブリッククラウド利用への一大転換をHyperforceで実現

2020/12/08

Peter Sayer CIO

 モダンなアプリケーションアーキテクチャーでは、クラウド上で安く利用できるコンピューティングやストレージのリソースを使って、AIや機械学習、ビッグデータのプロセスを動かす必要があるが、Salesforceの第1世代のインフラでは不可能だと同氏は指摘する。

詳細はいまだ不明

 SalesforceのTaylor社長兼COOが発表の際にほのめかした「技術的詳細」について、Newman氏とMueller氏は、早く続報が得られることを待ち望んでいる。

 Newman氏は言う。「どのクラウドで動かすのか、Salesforceはまだ発表していない」

 Mueller氏は言う。「情報はまだまだ足りない。例えば、どの国ではどのプロダクトがどのIaaSで動くのかといった情報がない。Salesforceにはもう少し発表が求められる」

 Taylor氏の話からは、断片的な情報はいくつか出てきた。Hyperforceでは、データを保存する場所を顧客企業が選択したり、ニーズに合わせてコンピューティングリソースを柔軟に利用したりできる。インドとドイツではサービスを開始しており、来年には10カ国で利用可能になる。世界中のパブリッククラウド事業者との提携により、各地でサービスを提供するとの話だった。

 また、Salesforceアプリ、カスタマイズ、連携については、従来の環境と100%の互換性があり、どのクラウドのHyperforceでも、アプリは変更なしでそのまま動くと同氏は説明した。

 パブリッククラウドで動くアプリケーションとなると、企業の最高情報責任者(CIO)にとってはセキュリティが悩みどころになりそうだが、「Hyperforceはプラットフォーム自体に信頼を組み込んだ」とTaylor氏は説明する。具体的には、ユーザーがアクセスできるデータに制限があることや、保管中と転送中のデータを暗号化することなどを指している。

(了)

翻訳:内山卓則=ニューズフロント
記事原文(英語)はこちら

↑ページ先頭へ