TOPコンシューマIT > Intelがコンパニオンチップ「Clover Falls」を...

コンシューマIT

Intelがコンパニオンチップ「Clover Falls」を発表、詳細は不明

2020/12/21

Mark Hachman PCWorld

 現実には、Intelの「プラットフォーム」とは、Thunderbolt 3のようなテクノロジーの改良を表してきた(Thunderbolt 3は実質的に、PC界ではIntelのみのテクノロジーだった)。また、第10世代Coreプロセッサ(開発コード名「Ice Lake」)からは、IntelはAI関連の機能にもスポットを当て、AIアクセラレータ「Gaussian & Neural Accelerator(GNA)」を搭載した。今回発表したClover FallsがGNAとどのように連携するのか、また処理をどのように分担し合うのかは定かではない。

 Intelは、こうしたテクノロジー改良の取り組みの成果が、プラットフォーム「Evo」だと説明している。以前はこうした取り組みを「Project Athena」として進めていたが、一定の基準を満たした高性能ノートパソコンの新たなブランドとして、最近Evoという名前を打ち出した。Intelによると、Evoの認定を受けたノートパソコンは、Dellの「XPS 13」のほか、台湾Acerの「Swift 5」、台湾ASUSTeKの「ZenBook Flip S」、米HPの「Spectre x360」、中国Lenovoの「Yoga 9i」、韓国Samsungの「Galaxy Book Flex 5G」など、世界全体で約40機種ある。

(了)

翻訳:内山卓則=ニューズフロント
記事原文(英語)はこちら

↑ページ先頭へ