TOPコンシューマIT > Apple、折りたたみ式iPhoneのプロトタイプ2種を開発...

コンシューマIT

Apple、折りたたみ式iPhoneのプロトタイプ2種を開発中か

2021/01/07

Michael Simon Macworld

 この年末、iPhoneの今後に関する新たな報道があった。台湾紙「経済日報」の昨年12月31日の記事によると、米Appleが折りたたみ式iPhoneのプロトタイプ2種類を開発中で、いずれか一方を製品化する計画だという。製品の登場は、早くても2022年以降になる見込みとのこと。

Credit: Michael Simon/IDG
Credit: Michael Simon/IDG

 Appleが折りたたみスマホの投入を考えているという情報は、うわさや特許申請に基づく話としては、これまでにも出たことがある。今回の報道はもう少し具体的だ。Appleが開発中のプロトタイプは、一方は2つの画面をつなげたスマホ、もう一方は韓国SamsungのGalaxy Z Flipと同じような縦折りスマホだという。

 記事によると、Appleは中国の深センにあるFoxconnの工場でプロトタイプのテストを行い、ヒンジの耐久性を調べた。他社から登場した折りたたみスマホは、当初はその部分で多少難があった。SamsungのGalaxy Foldは耐久性の問題から発売が遅れ、米MotorolaのRazrも同社が主張するほどの耐久性はないとの話が持ち上がった。両社とも、後継モデルでは、ヒンジの改良に力を入れている。

↑ページ先頭へ