TOPコンシューマIT > 新型iMac発売の前兆か、macOSの最新ベータ版に新機種の...

コンシューマIT

新型iMac発売の前兆か、macOSの最新ベータ版に新機種のID

2021/03/26

Michael Simon Macworld

 米AppleがAppleシリコン搭載の新型iMacを今年発売するという話は、いわば公然の秘密だが、登場が近そうなことを示す兆候がまた1つ見つかった。「macOS Big Sur 11.3」の最新ベータ版に、iMacの新たな機種IDが含まれていたというものだ。

Credit: IDG
Credit: IDG

 米9to5Macの3月23日の記事によると、同日リリースとなったmacOS Big Sur 11.3のベータ5に、「iMac21,1」「iMac21,2」という機種IDが見つかった。IDの付け方自体は既存の機種と同じだが、これまでに確認されたことのない値だ(昨年登場のiMacは「iMac20,1」「iMac20,2」だった)。また同記事によると、ベータ5の中に含まれていた新機種のコードネームが、今年1月に米Bloombergが新型iMacのコードネームとして報じた「J456」「J457」であることも確認できたとのこと。

 新型iMacらしき機種IDやコードネームが見つかったからといって、必ずしも登場間近という証拠にはならないものの、うわさにさらなる火を付ける話であることは間違いない。今後登場するAppleシリコン搭載Macのうち、最初に出てくるのはiMacと考えられる。MacBookの新モデルは今年下半期の登場が見込まれ、Mac Proは来年登場とされる。

↑ページ先頭へ