TOPコンシューマIT > Apple、外部修理業者に純正部品を供給するプログラムを世界...

コンシューマIT

Apple、外部修理業者に純正部品を供給するプログラムを世界中に拡大

2021/03/31

Michael Simon Macworld

 米Appleは3月30日、同社製品の修理業者に純正の部品や工具を供給する「Independent Repair Provider」プログラムの実施地域を拡大することを発表した。このプログラムは、2019年にまず米国で始まり、昨年には欧州やカナダにも拡大していたが、今年中に世界200以上の国や地域で利用できるようにする。そのうち一部は今週から利用可能となる。

Credit: Adam Patrick Murray/IDG

 以前は、正規サービスプロバイダー以外のサードパーティーの修理業者は、Appleから純正部品などの供給を受けられなかったが、このプログラムに参加すれば、純正部品、専用工具、修理マニュアル、診断プロセスなどを利用できる。プログラムの開始当初はiPhoneのみが対象だったが、現在はすべてのApple製品が対象となっている。

 利用者にとっては、iPhoneなどのデバイスが故障した時に、高い料金を払ってApple StoreのGenius Barで直してもらうか、純正部品を使っていない修理店に命運を託すかという二択以外に、純正部品で修理を受ける新たな道ができることになる。

↑ページ先頭へ