TOPアプリ/OS > Zoom、Teamsの集合モードに似た新機能「Immersi...

アプリ/OS

Zoom、Teamsの集合モードに似た新機能「Immersive View」

2021/04/28

Mark Hachman PCWorld

 ビデオ会議ツールの分野では、「Microsoft Teams」が「Zoom」などの競合製品を追う展開が長く続き、競合アプリの優れた機能をTeamsが取り入れてきた。しかしここへ来て、逆の現象も生じている。Zoomが4月26日に発表した新機能「Immersive View」は、Teamsに昨年加わった「集合モード(Together Mode)」を模した機能だ。

Credit: Zoom
Credit: Zoom

 Zoomにはこれまで、ギャラリービューとスピーカービューという表示モードがあった。ここに新たに加わったのがImmersive Viewだ。参加者一人ひとりの映像を、四角い枠のまま画面上に並べるのではなく、顔と体の部分だけをAIで抽出し、教室、講堂、カフェなどに見立てた背景の上に配置する。実際の授業や会議に似た雰囲気を作り出せるのに加え、画面上で一度に視認できる人数も増える。

 このモードで表示できる参加者は最大25人だが、背景によっては、さらに少人数向けとなっている場合もある。使用できる背景の数について、Zoomの発表には説明がない。参加者一人ひとりの配置や大きさは、手動で調整できる。

↑ページ先頭へ