TOPクラウド > Microsoftが発表したWindows 365 Clou...

クラウド

Microsoftが発表したWindows 365 Cloud PC、その特徴は

2021/07/16

Mark Hachman PCWorld

 米Microsoftが7月14日に発表した法人向けの新しいサブスクリプションサービス「Windows 365 Cloud PC」は、仕事で使うWindowsパソコンをクラウド上に仮想マシンとして配置し、各従業員がインターネット経由で利用できるサービスだ。同社がYouTubeで公開した動画の説明をもとに、基本的な特徴や使用感を見ていこう。

Credit: Microsoft

 Windows 365の利用イメージは、クラウドゲーミングサービスに近い。クラウド上にあるWindowsマシンのデスクトップやアプリケーションを、ユーザーの手元にあるパソコン、スマートフォン、タブレットから遠隔操作で利用できる。まずはWindows 10でサービスが開始されるが、Windows 11もリリース後に利用可能となる。

 Microsoftが公開した動画では、Windows 365のプログラムマネジメント担当パートナーディレクター、Scott Manchester氏が、Cloud PCの機能や使用感について、実演を交えて説明している。

 動画によると、ユーザーがCloud PCを利用する時には、手元のパソコン(Windows、Linux、Mac)かモバイルデバイス(iOS、Android)のWebブラウザーを使って、Windows 365のポータル画面(windows365.microsoft.com)を開く。この画面の中に、Cloud PCを開くためのボタンがあり、仮想マシンのCPUやメモリーなどのスペックも表示されている。Manchester氏は、実演で使っているノートパソコンよりもCloud PCの方がスペックは上だと説明していた。

↑ページ先頭へ