TOPコンシューマIT > 今年加わる新しい絵文字、候補が公開に

コンシューマIT

今年加わる新しい絵文字、候補が公開に

2021/07/19

Michael Simon Macworld

 7月17日の「世界絵文字デー」にちなんで、絵文字規格の新バージョン「Emoji 14.0」で新たに加わる絵文字の候補が、Emojipediaで紹介された。こちらのページで候補の一覧を確認できる。

Credit: IDG

 Emoji 14.0は、Unicode Consortiumが今年9月に正式規格として承認する予定。その後、米Appleなど各社がデザインした実際の絵文字が、iOSなどに実装されることになる。新たに加わる絵文字の候補には、溶けかけたスマイリーフェイス、涙があふれかけた顔、妊娠している男性、ミラーボールなど、100個以上ある。

 Appleの場合、新しい規格の絵文字は、iOSの最初のリリースで実装されるとは限らない。例えば、昨年1月に確定した「Emoji 13.0」の絵文字は、同年9月リリースのiOS 14ではなく、11月リリースのiOS 14.2で実装された。また、昨年9月に確定したEmoji 13.1の絵文字は、今年4月リリースのiOS 14.5から加わっている。

(了)

翻訳:内山卓則=ニューズフロント
記事原文(英語)はこちら

↑ページ先頭へ