TOPクラウド > iCloud for Windowsの新バージョン、パスワー...

クラウド

iCloud for Windowsの新バージョン、パスワード管理アプリを搭載

2021/08/18

Roman Loyola Macworld

 また、Edge用の拡張機能では、iCloudにアカウント情報を保存しているWebサイトを利用する時にユーザー名とパスワードを自動で入力したり、新たに登録したユーザー名とパスワードの情報をiCloudに保存したりできる。ちなみに、Google Chrome用の拡張機能は既に提供されていた。

 Windows上で使用するiCloudキーチェーンのパスワードは、暗号化した状態で保存されている。ブラウザー拡張機能との間で情報をやりとりする際も、暗号化したチャネルが使われる。

 iCloud for Windowsは、パスワードのほか、iCloudメール、連絡先、カレンダー、Safariブックマーク、iCloud写真、iCloud Driveにアクセスする機能を備える。アプリはMicrosoft Storeで配布されており、無料でダウンロードできる。

(了)

翻訳:内山卓則=ニューズフロント
記事原文(英語)はこちら

↑ページ先頭へ