TOPアプリ/OS > MetaのWorkplace、Microsoft Teams...

アプリ/OS

MetaのWorkplace、Microsoft Teamsと連携

2021/11/15

Matthew Finnegan Computerworld

 米Meta(旧Facebook)の企業向けソーシャルネットワーキングサービス「Workplace」が、米Microsoftのコラボレーションツール「Teams」との連携に対応したことが、11月11日に発表となった。まずTeamsの画面内でWorkplaceのニュースフィードに直接アクセスできるようになり、来年初めには、Teamsのビデオ会議をWorkplaceで直接視聴できる機能が加わる。

Credit: Meta
Credit: Meta

 Workplaceの有料利用者数は700万を超えている。SharePointやOneDriveなど、Microsoft 365のアプリとの連携には既に対応していたWorkplaceだが、Teamsとの連携はこれが初めてとなる。なお来月には、Metaのスマートディスプレイ「Portal」もTeamsをサポートする。

 今回発表となった新機能では、TeamsのサイドバーにWorkplaceアプリをピン留めしたり、タブとして追加したりすることで、WorkplaceのニュースフィードにTeamsからアクセスできる。Workplaceのコンテンツの中で重要度が高い情報にTeamsの管理者がマークを付けてユーザーに注目を促すほか、各ユーザーがWorkplaceのグループのコンテンツをTeamsのチャネルに取り込んでメンバーに提示したり、Workplaceでの投稿にTeamsの中で直接反応したりできる。

↑ページ先頭へ