TOPクラウド > MetaのWorkplace、Microsoft Teams...

クラウド

MetaのWorkplace、Microsoft Teamsと連携

2021/11/15

Matthew Finnegan Computerworld

 また、来年初めに導入されるビデオ連携機能では、Teamsのビデオ会議をWorkplaceの中で直接視聴して、リアルタイムでコメントできる。プレゼンテーションの発表者は、TeamsとWorkplaceの両方のアプリからのアクセスや反応をまとめて確認できる。

 MicrosoftとMetaは、さまざまな面で競合関係にある。例えば、Microsoftの「Viva Connections」にも、ソーシャルネットワークの機能がある。仮想空間での没入型コラボレーションに関しても、最近になって両社がそれぞれビジョンを発表している。しかし、従業員のコラボレーションに両社のツールを組み合わせて利用している企業も多い。今回の連携は、その点を踏まえたものとなる。

 Workplaceのプロダクト責任者、Ujjwal Singh氏は、Teamsとの連携について、「この2つを仕事で併用しているユーザーが、最新情報を把握し、全社規模でつながる機会を増やすことができる」と話している。

 Singh氏は、Teamsとの連携が進みつつあることを、今年5月の時点で明らかにしていた。同氏によると、WorkplaceとTeamsの連携を試用してきた企業には、英Vodafoneや豪Flight Centerがある。

↑ページ先頭へ