TOPセキュリティ > iOS 14~15にHomeKit関連のバグ、iPhoneが...

セキュリティ

iOS 14~15にHomeKit関連のバグ、iPhoneがフリーズする可能性も

2022/01/06

Michael Simon Macworld

 米Appleのスマートホーム管理機能「HomeKit」に関して、iOSにバグがあるとの報告が、セキュリティー研究者から上がった。iPhoneがフリーズする可能性があるバグで、攻撃者に悪用される恐れもある。対象となるiOSのバージョンは14.7~15.2。この問題はAppleに報告済みで、今年初めに修正すると同社は説明しているという。

Credit: IDG
Credit: IDG

 このバグを発見したのは、セキュリティー研究者のTrevor Spiniolas氏。iPhoneのコントロールセンターでHomeKitデバイスの制御が有効になっている場合、HomeKitデバイスの名前として極端に長い文字列(例えば50万字の名前)を設定すると、iPhoneが操作に反応しなくなるというもの。iPhoneを再起動しても問題は解決しない。

 HomeKitデバイスの名前は、ユーザーのiCloudアカウントにも保存されるため、たとえiPhoneを復元(初期化)しても、同じアカウントで再度サインインすれば、問題が再発する。サインイン後の操作で対処する方法もあるが、HomeKitデバイスの名前を変えない限り、根本的な解決にはならない。

↑ページ先頭へ