TOPコンシューマIT > 新型13インチMacBook Pro、Touch Barが存...

コンシューマIT

新型13インチMacBook Pro、Touch Barが存続?

2022/02/17

Michael Simon Macworld

 「MacBook Pro」のキーボードの最上部にあるタッチパネル式ボタン「Touch Bar」は、間もなく完全に廃止になると言われていたが、これを否定する新たなうわさが出てきた。米Appleに関する情報を配信するMacRumorsは2月15日の記事で、今春発表と見られる13インチMacBook Proの新モデルについて、関係者から得た情報として、Touch Barを引き続き搭載すると報じた。

Credit: IDG
Credit: IDG

 記事によると、新型13インチMacBook Proは、Touch Barを含めて、現行モデルのデザインを踏襲し、主な変更点は「M2」チップの搭載だけだという。昨年登場した14インチおよび16インチモデルのようなノッチはなく、ProMotionディスプレイも搭載しないとのこと。

 ノッチやProMotionの件は想定内としても、Touch Barも含めてデザインが変わらないとの情報には意外性がある。M1チップを搭載して2020年11月に登場した現行の13インチMacBook Proは、従来のIntelチップ搭載モデルのデザインを踏襲している。これまでに出たうわさでは、次のモデルはベゼルが細くなり、Touch Barに代わる物理ファンクションキーを搭載すると言われていた。

↑ページ先頭へ