TOPセキュリティ > iPhone、Face IDの故障時に部品交換での修理に対応...

セキュリティ

iPhone、Face IDの故障時に部品交換での修理に対応へ

2022/02/28

Michael Simon Macworld

 iPhoneで、Face IDの顔認証に使われるTrueDepthカメラが故障した場合、これまでは修理に出しても本体交換という扱いになることが多かった。だが今後は、同じ本体のままでTrueDepthカメラのみの修理が可能になるようだ。

Credit: Apple
Credit: Apple

 Apple情報サイトの米Macrumorsは2月24日、内部文書から得た情報として、Apple Storeや正規サービスプロバイダーの認定技術者がTrueDepthカメラのサービス部品を修理に使えるようになると報じた。この部品には、Face IDと前面カメラの全モジュールが含まれている。対象機種は、「iPhone XS」「同11」「同12」「同13」の各モデル。iPad Proが対象に含まれるかどうかは不明とのこと。

 「iPhone X」でFace IDの登場と共に搭載されたTrueDepthモジュールは、他の部品に比べて複雑で、これまでは正規技術者でも部品の交換による修理ができなかった。しかし、本体交換という方法は、価格や資源浪費という面で難があった。

 Macrumorsの記事によると、Apple Storeや正規サービスプロバイダーでFace IDの問題を技術者が診断する時に、Apple Service Toolkitの診断ツールを使って、部品修理か本体交換かを判断できるようになるとのこと。このサービスの開始時期は不明。

(了)

翻訳:内山卓則=ニューズフロント
記事原文(英語)はこちら

↑ページ先頭へ