TOPアプリ/OS > Chrome OS 103、写真・Wi-Fiパスワード共有な...

アプリ/OS

Chrome OS 103、写真・Wi-Fiパスワード共有などAndroidとの連携改良

2022/06/27

Mark Hachman PCWorld

 米GoogleはChromebook用OSの新バージョン「Chrome OS 103」の配信を開始した。「スマートフォンハブ」や「ニアバイシェア」といった既存の機能に、以前予告していた新機能の一部を搭載した。

Credit: Google
Credit: Google

 スマートフォンハブはAndroidスマートフォンの機能にChromebookからアクセスできるダッシュボードだ。2021年3月に登場し、これまではスマートフォンの場所の確認や消音モードへの切り替えなどに対応していた。今回のバージョンでは、Androidで最近撮影した写真を表示できる機能が加わった。米MicrosoftのWindows 10/11用アプリ「スマートフォン連携」にあるのと似たような機能だ。

 ニアバイシェアは近くのChromebookやAndroidスマートフォンとの間で写真やファイルを交換できる機能で、こちらも21年3月に利用可能になった。今回のバージョンでは、Androidスマートフォンで使用しているWi-FiのSSIDとパスワードをChromebookに送信して、同じWi-Fiに接続できるようにする機能が加わった。

 このほかGoogleは新機能「Screencast」の提供開始も表明した。22年6月初めに教育向けイベントで発表した機能で、講義やプレゼンテーションの録画と共有を簡単に行える。

 また、ワイヤレスイヤホンなどのBluetooth機器を接続するときの初期設定をスムーズに行える機能「Fast Pair」を22年夏に提供すると明らかにした。設定した接続情報はGoogleアカウントに同期され、他のChromebookやAndroidスマートフォンにも反映できる。

(了)

翻訳:内山卓則=ニューズフロント
記事原文(英語)はこちら

↑ページ先頭へ