TOPマネジメント > 人事キャリアの向上に役立つ、人事情報システム認定(上)

マネジメント

人事キャリアの向上に役立つ、人事情報システム認定(上)

2019/06/24

Sharon Florentine CIO

 人事(HR)に関わるテクノロジーが進化する中で、人事担当者はHRソリューションがどのような働きをするか理解するだけでなく、これらシステムの新たな機能からどのようにして最大限の成果を引き出せるかを理解する必要がある。

Credit: Thinkstock

 そのための最善の道は、人事情報管理(HRIM)や人事情報システム(HRIS)の資格を取得することだ。コミュニティーカレッジやオンラインスクール、営利大学などで学習を続けている人事担当者も多いが、費用が高かったり、何かと面倒だったりする場合もある。革新的な考えの雇用主なら、ワークショップやトレーニングセミナー、あるいは地域の専門機関が提供するプログラムへの参加を援助してくれるかもしれない。だが、これらの選択肢は、認定資格ほどの成果をもたらしてはくれない。

 人事情報システムの認定を取得すれば、人事領域のテクノロジーや機能、トレンド、ベストプラクティスに対する理解を広げる一方で、必要なナレッジやスキル、経験があることを明白なかたちで証明できる。

 今回の記事では、よく知られている3つの資格認定機関と、それらが提供している資格を紹介していく。

↑ページ先頭へ