TOPマネジメント > 人事キャリアの向上に役立つ、人事情報システム認定(上)

マネジメント

人事キャリアの向上に役立つ、人事情報システム認定(上)

2019/06/24

Sharon Florentine CIO

HRIP(Human Resources Information Program)

 米国の国際人事情報管理協会(IHRIM:International Association of Human Resources Information Management)の認定資格。人事情報管理と人事情報システムの技術、機能、最新のトレンド、ベストプラクティスを含め、あらゆる面を網羅する。試験に合格すると3年間有効の認定資格が与えられる。有効期限後も資格を維持するには、継続教育プログラムを60単位履修して再認定を受ける必要がある。継続教育プログラムは、IHRIMの再認定向けのコースやウェビナーで受講できる。また、米ADP、米Kronos、米WorkForceといった人事情報システムベンダーや人事向けコミュニティサイトHR.comなども、初回認定および再認定向けコースを展開している。試験は多肢選択方式で、制限時間は90分間。HRテクノロジーの戦略、評価、選択、導入、運用、アップグレードに加え、HRプロセスおよびビジネスプロセスに関して出題される。

要件:必須のコースや条件などはないが、HRテクノロジーや情報管理に関わる5年の実務経験があることが推奨されている。

費用:受験料は、IHRIM会員が385ドル、非会員が485ドル

翻訳:鈴木英子=ニューズフロント

↑ページ先頭へ