TOPCloud > サーバーレスコンピューティング、知っておくべき要点(下)

Cloud

サーバーレスコンピューティング、知っておくべき要点(下)

2019/07/26

Josh Fruhlinger InfoWorld

 開発者のJeremy Daly氏が自らのサイトで説明しているように、クラスタの構成さえ決めれば、それ以外のメンテナンス、パッチ適用、バックアップ、レプリケーション、スケーリングは、いずれも自動で処理される。インスタンスの起動や増減は、ニーズに合わせて動的に行われる。料金もFaaSと同様で、実際に稼働した時間の分だけで済む。

 大手3社のサーバーレスデータベースとしては、AWSには「Aurora Serverless」「DynamoDB」、Microsoftには「Azure Cosmos DB」、Googleには「Cloud Firestore」がある。そのほかの選択肢も含めた詳しい情報は、DZoneのNemanja Novkovic氏の記事で知ることができる。

サーバーレスコンピューティングとKubernetes

 コンテナはサーバーレスの技術を舞台裏で支えているが、その管理はサービス事業者が担っており、ユーザーは意識する必要がない。コンテナを使うマイクロサービスと同様のメリットの数々を享受しつつ、複雑な部分に対処せずに済む手段という見方でサーバーレスコンピューティングを捉える人も多く、コンテナ後の世界についての話まで出始めている。

 実のところ、コンテナとサーバーレスコンピューティングは、今後長年にわたって共存していくのはまず間違いない。サーバーレスの関数は、コンテナを使うマイクロサービスと同じアプリケーションの中で共存できる。コンテナオーケストレーションツールとして広く使われているKubernetesでは、サーバーレスインフラも管理でき、種類が異なるサービスを1つのクラスタに統合できる。

オフラインでの動作

 サーバーレスコンピューティングを試してみたいと思っても、サービス事業者のクラウド上で早速コードを動かすことに二の足を踏む人もいるかもしれない。だが、ローカル環境のマシンでサーバーレスのコードをオフラインで動かす方法もあるので、心配は無用だ。例えば、AWS SAMには、Lambdaのコードをオフラインで試せる「SAM Local」がある。また、Serverlessのアプリケーションフレームワークでは、「serverless-offline」というプラグインを使って、コードをローカル環境で動かせる。

(了)

翻訳:内山卓則=ニューズフロント
記事原文(英語)はこちら

↑ページ先頭へ