TOPマネジメント > エンプロイーエクスペリエンスの重要性(上)

マネジメント

エンプロイーエクスペリエンスの重要性(上)

2019/09/02

Sharon Florentine CIO

エンプロイーエクスペリエンスの重要性

 企業がエンプロイージャーニーのそれぞれのマイルストーンをどのように扱うかという部分には、各社の文化が表れる。この部分は従業員のパフォーマンスやエンゲージメントにも影響し得る。企業の幹部や管理者は、従業員がマイルストーンをどのように経験しているかを知ることによって、従業員を支えることができているかどうかをより深く認識し、エンプロイーエクスペリエンスの向上にどのように力になれるかについて理解を深められる。

 米ion LearningのShavon Lindley最高経営責任者(CEO)は次のように話す。「人は、企業と最初に接触した瞬間から、どのような会社なのか、そこでの仕事がどのようなものになりそうか、何らかの期待を抱く。最初の接触が求人情報であれ、記事であれ、コマーシャルであれ、そこから期待が生まれ、心理的契約に近いものが結ばれる。新規採用者の一人ひとりがこうした期待を抱く。そして、採用のプロセスが進む中で、明確に像が結ばれていく。だからこそ各社は、第一印象のインパクトを高めること、従業員の期待に沿うことを目指す。こうして、初日の印象は実際に期待どおりになるかもしれない。だが、2日目、3日目、4日目はどうだろうか」

翻訳:内山卓則=ニューズフロント

↑ページ先頭へ