TOPマネジメント > プロセス改善を適切に遂行するには(後)

マネジメント

プロセス改善を適切に遂行するには(後)

2019/09/20

Sarah K. White CIO

 プロセス改善とは、これまでの業務プロセスの見直しや分析、改良を通じて、パフォーマンスの最適化やベストプラクティスの実践を図り、顧客やエンドユーザーに向けた品質とユーザーエクスペリエンスの向上を実現する。

前回から続く)

プロセス改善で自動化が果たす役割

Credit: LightFieldStudios / Getty Images

 プロセスを向上する方法の中でも特に容易なのは、人手による面倒な作業をなくし、ヒューマンエラーを減らすことだ。したがって、プロセス改善において自動化は重要な役割を果たす。プロセスの自動化という意識を持つことで、どの部分に改善が必要なのか、何がきちんと機能しているのかを理解しやすくなる。

 自動化では、RPA(ロボティックプロセスオートメーション)が大きな注目を集め、プロセスの効率化のために取り入れられている。複雑なプロセスに含まれる作業や手順を、人間の操作を模した動作で自動化できる。一連のルールやトリガーに基づいて作動し、プロセスの特定の部分で、人間の代わりをこなすことができる。

↑ページ先頭へ