TOPマネジメント > 大規模アジャイル開発の導入を成功させるには(前)

マネジメント

大規模アジャイル開発の導入を成功させるには(前)

2019/09/25

Moira Alexander CIO

 SAFeは、大規模な企業や組織の俊敏性を高めるフレームワークで、成果物の市場投入までの期間を短縮できる。今回の記事では、SAFeの概要、メリット、原則、効果的な導入方法について見ていく。

Credit: Getty Images

 大企業は一般に、小回りがきく中小の競合他社に比べると動きが鈍く、変化への抵抗も大きい。大手としてのスタンスから来る根深い文化的問題や、ポリシーやプロセスに由来する障壁といった面が大きく、企業の至るところに官僚主義がはびこっていることが多い。

 それでも、アジャイル開発のメリットを手にしたいと考える大企業は少なくない。しかしこうした企業は、そのままではアジャイル開発にうまく適合できないかもしれない。そこで、プロジェクト成功の妨げとなる問題の解消に効果を発揮するのが、「Scaled Agile Framework(SAFe)」だ。

SAFeとは

 SAFeには、リーンやスクラムをはじめ、アジャイルの方法論を導入するための一連の原則、プロセス、ベストプラクティスなどが含まれている。大規模な企業や組織が高品質のプロダクトやサービスをスピーディーに開発し提供するうえで支えとなる。

 大勢のメンバーから成る多数のチームが、プロジェクト、プログラム、ポートフォリオの各レベルで関与するような複雑なプロジェクトには、SAFeは特に適している。SAFeの提供元である米Scaled Agileによると、現行バージョンのSAFe 4.6は、5つのコアコンピテンシーに主眼を置いている。企業がデジタルディスラプションの波に乗り、変化が激しい市場環境、変わりゆく顧客のニーズ、新興のテクノロジーにうまく対応していくうえで、このコアコンピテンシーが助けになる。

 5つのコアコンピテンシーは次のような内容である。

  • リーンアジャイルリーダーシップ:個人とチームがポテンシャルを完全に発揮できるよう、リーダーがどのような形で力となり、組織の変革や効果的なオペレーションの推進と支援をいかに行うかについて扱っている。
  • チームのアジリティと技術的アジリティ:質の高いソリューションの的確な設計と迅速な開発に必要となる重要なスキルや、リーンアジャイルの原則について扱っている。顧客に価値を提供するための実作業を担うチームにとって、技術的アジリティの確保は特に重要である。
  • DevOpsとオンデマンドのリリース:継続的デリバリーのパイプラインを確立する部分について扱っている。価値を創出して顧客のニーズを満たすうえで極めて重要である。
  • ビジネスソリューションとリーンシステムエンジニアリング:リーンアジャイルの手法や原則を、仕様、開発、展開に適用する方法について扱っている。企業のイノベーションの前進につながる。
  • リーンポートフォリオマネジメント:リーンとシステム思考のアプローチを、予算、ポートフォリオオペレーション、ガバナンスに適用する方法について扱っている。

↑ページ先頭へ