TOPWireless > AndroidとiPhone、それぞれ相手に勝る魅力は(後)...

Wireless

AndroidとiPhone、それぞれ相手に勝る魅力は(後)

2019/11/07

Michael Simon PCWorld

 毎年この時期になると恒例の仕事がある。米AppleのiPhoneの最新モデルとAndroidスマートフォンの主要機種を試用して勝者を決めるレビュー記事の執筆だ。今年iPhoneと比較したのは、韓国Samsung Electronicsの「Galaxy S10+」、中国OnePlusの「OnePlus 7T」、米Googleの「Pixel 4」である。昨年の記事では、僅差で「iPhone XR」を勝者と認定したが、今年はさらに熾烈な戦いとなった。レビュー本編では、カメラ、バッテリー、性能、デザインなど、主要なカテゴリごとに詳しく比較を行うが、今回の記事はいわばその番外編である。主要なカテゴリ以外の細かな部分について、Androidの方がよいと思った点と、iPhoneの方がよいと思った点を、それぞれ5つずつ紹介したいと思う。

前回から続く)

iPhoneの方がよいと思った点

Face ID

Credit: Apple

 Appleが「iPhone X」で3D顔認証に対応して以降、米国で発売されたAndroidスマホで追随を試みたのは、最近までは韓国LG Electronicsの「G8」だけだった。Google Pixel 4の登場で潮目が変わる可能性もあるが、現実問題として、Appleは生体認証に関してAndroidのはるかに先を行く。「iPhone 11」のFace IDは、高速かつ手軽で、安全性も高いうえ、以前より扱いやすくなっている。指紋認証に戻れと言われたら、筆者としてはつらい。Samsungが次世代の生体認証に力を注ぎ始めるまでの間は、うちのAndroidにもFace IDがあればいいのにと思いながら、筆者はiPhoneを使うことになる。

定期的な更新

 iPhoneよりAndroidスマホの方がアップデートが遅いのは周知のとおりだ。実際、筆者がiPhone 11を試用していた週には、さまざまなバグや安定性の問題を修正するアップデートが3件配信された。Androidスマホに関しては、筆者はそのような経験は一度たりともない。GoogleのPixelも含めてだ。もちろん、Androidのファンは、発売直後のiPhoneで追加修正のアップデートが2回も必要になったことを嘲笑するだろうが、筆者としては、バグをいつまでも放置されるくらいなら、週2回更新があった方がよい。

↑ページ先頭へ