TOPアプリ/OS > TQM、組織全体で品質向上・維持を実現するには(後)

アプリ/OS

TQM、組織全体で品質向上・維持を実現するには(後)

2019/11/08

Sarah K. White CIO

 総合的品質管理(TQM:Total Quality Management)は、質の高い製品やサービスを常に提供して顧客満足度を維持できるよう、組織全体で継続的な取り組みを進めることに重きを置いた管理手法だ。究極的な目標は、顧客に繰り返し選んでもらえるような水準の製品やサービスを提供して、顧客ロイヤルティーを高めることにある。TQMの戦略を実践する中では、組織全体として製品やサービスをどのように改善できるかを見定めるために、社員や顧客からの着実なフィードバックが必要となる。

前回から続く)

TQMの講座と資格

Credit: Thinkstock

 TQMのスキルそのものを対象とした講座や資格はいくつかある。また、TQM戦略を進めていくうえで役立つ個別のスキルに関する講座や資格を目指すという手もあるが、そちらは会社や職種によって変わってくる。

 TQMのスキルそのものを対象とした講座や資格には、次のようなものがある。

  • MSI Total Quality Management Professional:MSI(Management and Strategy Institute)が実施している。講座と資格がセットになっており、TQMプロフェッショナルとして仕事をするための準備となるTQMの基本原則をカバーしている。受講も受験もオンラインで行える。料金は299.99ドル。
  • ASQ Quality 101:ASQ(American Society for Quality)が実施している講座で、TQMの基礎について講義形式で学べる。「戦略、データ、効果的なコミュニケーションを組み合わせて、組織のあらゆる面に品質を取り入れる方法が身に付く」とのこと。通常料金は1729ドル、ASQの会員は1499ドル。
  • IBQMI TQM Practitioner:IBQMI(International Business and Quality Management Institute)が運営している資格。「TQMプログラムの策定、実施、評価でビジネスパートナーをリードし、組織全体で実施する継続的な取り組みとして、改善を先導できる」としている。料金は280ドル。試験はオンラインで受験でき、時間は60分。合格には65%の正解が必要。

↑ページ先頭へ