TOPHardware > GoogleがPixelの製品化を他社に委ねるべき理由(後)...

Hardware

GoogleがPixelの製品化を他社に委ねるべき理由(後)

2019/11/21

Michael Simon PCWorld

 Pixelは、このような状況に一石を投じるスマホのはずだった。ファン向けのピュアなAndroidスマホという域を出なかったNexusとは違って、PixelはAndroid界のiPhoneになるものとされていた。Googleが一からデザインした端末に、最新バージョンのAndroidはもとより、同社の最先端のイノベーションを搭載するとの話だった。実際、Googleアシスタント、Googleレンズ、モーションセンスは、どれもまずPixelで投入された。さらに、ライバルの先を行くカメラ機能も数多くあるし、3年間のアップデート保証も忘れてはいけない。

 だが、結局のところPixelは、Androidスマホの極致というよりは、妥協の産物だ。確かに、最新バージョンのAndroidや、Googleの最先端の機能を搭載してはいるが、純然たるiPhone並みのクオリティのハードウエアではないし、GalaxyというよりMotoである。この状況はいただけない。そろそろGoogleは、Pixelの製品化をパートナー企業に任せてもよいのではないだろうか。

プレミアムの再定義

 Androidと聞くと、1種類しかないように思えるが、実際には3種類のフレーバーがある。1つ目は、プロセッサが低速でメモリ容量も少ないローエンドの端末向けに最適化されているAndroid Go。2つ目は、主にミドルレンジの端末を対象としたAndroid One。3つ目は、それ以外のすべての端末を対象としたAndroid Open Source Projectである。

 こうして見比べてみると、ハイエンドのAndroidスマホのメーカーは、ある意味で冷遇されている。路線としては、ピュアなAndroid端末に仕上げて、ハードウエアの優位性から選んでもらえる製品を目指すか、独自のスキンを開発して、その付加価値で優位に立つことを目指すかのどちらかが考えられる。

↑ページ先頭へ