TOPアプリ/OS > 企業向けSaaS、主要10社の製品と機能(下)

アプリ/OS

企業向けSaaS、主要10社の製品と機能(下)

2019/11/22

Bob Violino InfoWorld

Zendesk

 米Zendeskは、「Zendesk Support」「Zendesk Guide」など、カスタマーサービスや顧客エンゲージメントに関する製品を手がけている。複数の製品を1つのパッケージにバンドルした「Zendesk Suite」もある。Zendeskの主な特徴の1つが、会社のWebサイトやモバイルアプリにカスタマーサポートの機能を直接組み込めることだ。利用者はそこから、ヘルプの検索、チャット、電話、メールなどを行える。

 AIを使って利用者の質問に自動で応答するAnswer Bot機能もあり、エージェントが応対する前に、質問に関連するヘルプセンターの記事に案内できる。Zendesk Chatでは、利用者の行動に応じたメッセージを送信する。例えば、利用者の購入操作を手助けするために、チャットで働きかけることができる。

 電話の受発信を行える「Zendesk Talk」では、顧客からの電話を無制限に受けたり、フォローアップやサポート提供の電話をかけたりできるほか、チケットの自動作成による記録管理や通話録音などの機能がある。Zendesk Supportのスキルベースルーティング機能により、各エージェントのスキルや状況に基づいて、適切なエージェントにチケットを自動で割り当てられる。

Zoom

 米Zoom Video Communicationsのクラウドベースのビデオ会議ソフトウエアは、チャットやモバイルコラボレーションなどの機能も兼ね備えている。

 エンタープライズクラスのビデオ会議を開催して、パソコンやモバイルなどの各種デバイスを通じてあらゆる場所から参加してもらうことができる。ミーティングをカレンダーアプリと同期したり、ミーティングの内容をローカルやクラウドに録画して、文字起こしした内容を検索したりもできる。

 HDビデオと音声を使って、最大1000人が参加するミーティングに対応し、最大49のビデオをスクリーンに表示できる。内蔵のコラボレーションツールでは、複数の参加者がスクリーンを同時に共有できる。セキュリティに関しては、エンドツーエンドの暗号化、すべてのミーティングに対するロールベースのユーザーアクセス、パスワード保護などに対応している。

(了)

翻訳:内山卓則=ニューズフロント
記事原文(英語)はこちら

↑ページ先頭へ