TOPWireless > GoogleのFitbit買収、消え去る機能と生き残る機能は...

Wireless

GoogleのFitbit買収、消え去る機能と生き残る機能は(後)

2019/11/28

Michael Simon Macworld

Fitbit OS

 Fitbitのスマートウオッチ用OSは、Ionicと共に正式リリースされてまだ2年だが、早くも終焉を迎えそうだ。Googleに買収されたとなると、当然Wear OSに目が向く。Wear OSは、既に搭載デバイスが多数登場しており、率直に言ってFitbit OSとはステージが違う。Fitbit OSは、便利なアプリがいくつかあるだけで、サードパーティー製コンプリケーションのサポートもなく、音楽の連携も限られている。watchOSやWear OSに比べれば見劣りがする。だが、Fitbitを買収したGoogleは、Fitbit OSをWear OSと融合させて、パワフルで使いやすいフル装備のOSとして完成させることも可能となる。両方のよいところを組み合わせて、フィットネスを第一に考えた先進的なOSがついに誕生するかもしれない。

通知

 筋金入りのFitbit愛用者でも、Fitbitのデバイスでの通知の扱いについては、変えてほしいと思っているかもしれない。ありがたいことに、Googleの関与によって、通知は向上しそうだ。すべてのプラットフォームを通じてパワーアップするはずだが、特にAndroidに関しては顕著となりそうだ。Googleアシスタントとの連携で、ワンランク上の出来になるはずである。正直なところ、Googleによる買収の恩恵がその1点だけだったとしても、我々は幸せだ。

(了)

翻訳:内山卓則=ニューズフロント
記事原文(英語)はこちら

↑ページ先頭へ