TOPマネジメント > 米IT求人でニーズが高い技術スキルのトップ10(後)

マネジメント

米IT求人でニーズが高い技術スキルのトップ10(後)

2019/12/26

Sharon Florentine CIO

 ITの仕事探しでは、ニーズが高い技術スキルを持っている方が有利だ。米求人情報サイトIndeedは、2014年から2019年に掲載した米国のIT求人情報をもとに、技術スキルのニーズをランキング化した結果を発表した。現在の労働市場でテクノロジー人材に求められているスキルが分かる。

前回から続く)

5:JavaScript

Credit: Peter Fischer

2019年の割合:14.5%
2014年の割合:12.4%
変動率:+17%

 Javaと同じ1995年に登場し、名前も似ているが、JavaとJavaScriptはまったく別の言語である。Javaはエンタープライズアプリケーションやデータベースのバックエンドでよく使われているが、JavaScriptはアプリケーションのフロントエンドやインタラクティブなWebサイトを構築するための主要言語として使われている。またゲームの開発にも使える。柔軟性やパワーで人気が高いプログラミング言語の1つである。

6:Amazon Web Services(AWS)

2019年の割合:14.2%
2014年の割合:2.7%
変動率:+418%

 Amazon Web Services(AWS)は、米Amazon.comが2006年に提供を始めた。コンピューティング、ストレージ、分析、開発者向けツールなど、さまざまなサービスや機能を使える。クラウドコンピューティングのマーケットリーダーだ。

7:C++

2019年の割合:10.7%
2014年の割合:10.6%
変動率:+1%

 もとになったC言語と同様に、歴史の古いプログラミング言語である。1979年に、博士論文を執筆中だったBjarne Stroustrup氏が、C言語に機能を追加する形で開発した。現在も非常に高く評価されており、多くのOS、ブラウザー、ゲームで中心的な言語として使われている。

↑ページ先頭へ