TOPSoftware > 米ネット証券会社、Slackの導入でメールを3割削減(下)

Software

米ネット証券会社、Slackの導入でメールを3割削減(下)

2019/12/27

Matthew Finnegan Computerworld

部門間のコラボレーション

 Slackは、コーポレートコミュニケーションでの利用だけでなく、チームレベルのやりとりでも重要な役割を果たしている。例えば、決算発表の電話会議を準備する際には、法務部門と経理部門がプライベートチャンネルで連携している。

 Sankaran氏は言う。「当社では、決算発表の準備からプロダクトのローンチまで、複数のチームにまたがる多種多様なコラボレーションにSlackを活用している。Slackなら、セキュアなチャンネルを使って、重要なステークホルダーがリアルタイムで情報を共有できる。また、ピン留めを利用してバージョン管理の問題を回避したり、メッセージの表示、既読、検討中といった状況を絵文字リアクションで伝えたりもできる」

 Sankaran氏によると、Slackを採用するうえでは、サードパーティ製の連携アプリの存在が決め手の1つとなった。SlackのAppディレクトリには1800以上のアプリが公開されている。「他のコラボレーションツールに比べてSlackが抜きんでていた点の1つが、サードパーティ製のインテグレーションの多さだった」と同氏は言う。

 TD Ameritradeは既に、SlackをCisco Webexと連携させている。スラッシュコマンドで起動し、必要に応じてチャットでのやりとりから音声での会話に切り替えられる。また、今年度中にロールアウトするWorkdayの人事管理システムや財務管理システム、さらにはMicrosoftのOffice 365も、Slackと連携させる計画だ(ただし、SlackのライバルであるMicrosoft Teamsを利用する計画はない)。

 「今後も、日々のワークフローをSlackと統合し、Slackをいっそう高度に活用していく」とSankaran氏は話している。

(了)

翻訳:内山卓則=ニューズフロント
記事原文(英語)はこちら

↑ページ先頭へ