TOPマネジメント > CIOが透明性を高めて他幹部からの信頼を高めるには(後)

マネジメント

CIOが透明性を高めて他幹部からの信頼を高めるには(後)

2020/01/09

David Banger CIO

 最高技術責任者(CIO)をはじめ、メインストリームのテクノロジー責任者やテクノロジーチームにとって、最も大きなチャンスを秘めているのは、従来のテクノロジーと、新しいデジタルソリューションとが交差する部分であろう。

前回から続く)

重要度

Credit: Yeshi Kangrang

 テクノロジーチームが提供しているサービス(現状)にとどまらず、新たな取り組み(変化)のリストを示す。「現状」や「変化」とは別の言葉を好む幹部もおり、組織に合った最適な言葉を選ぶ。ビジネスの優先事項と、テクノロジーチームがどのように貢献できるかを考える。こうした優先事項は、必ずしもプロジェクトではなく、アジャイルチームのバックログに加わる項目かもしれない。

 こうした優先事項が持ち上がった端から直ちに対処するのは避ける。さまざまな条件に基づいて順位づけを行い、そのプロセスを可視化する。このリストは絶えず変化していくことになり、メンテナンスが必要となる。その任務は、特定の1人か少人数のグループが担う。こうしたプロセスを取り入れた場合、最初はむしろ進行が遅くなる恐れもあるが、最終的には速くなる。また、一部のアクティビティを止めることになる場合もある。その際は次の2点を考慮する。

  • 3分の2が完了している項目を加速する。離着陸の許可を出す航空管制官のアプローチを取り入れる。
  • 複数の取り組みを統合する。同じような要求が別々の分野から挙がることも多々ある。停止する必要がある項目については、その判断のプロセスについてオープンに伝え、それ以上に重要な取り組みのリストを明示する。

↑ページ先頭へ