TOPWireless > 米家電大手Whirlpool、プライベート5G導入を進める狙...

Wireless

米家電大手Whirlpool、プライベート5G導入を進める狙いは(上)

2020/01/06

Maria Korolov Network World

 米国でプライベート5Gネットワークの早期導入を進めている企業の1つが、大手家電メーカーの米Whirlpoolだ。オハイオ州の工場の1つにプライベート5Gを導入する狙いは、無人搬送車の制御に伴う問題を解決することにある。

Credit: CheskyW / Getty Images / IDG

 この工場では、部品を運ぶ無人搬送車の無線制御に、現在はWi-Fiネットワークを使っている。しかし、同工場の環境では電波の減衰が生じやすく、搬送車の運行が止まる。渋滞の発生や生産の遅れにつながるし、人手で対処しないと運行を再開できない。

 Whirlpoolで北米地区のIT/OT製造インフラアプリケーションの責任者を務めるDouglas Barnes氏は言う。「連鎖的に問題が生じる。部品の搬送自体が遅れるだけでなく、その後の工程もすべてがずれ込む」

 工場全体をWi-Fiで完全にカバーしているが、「いろいろ手を尽くしても、どうにも使い物にならない」とBarnes氏は不満を口にする。建屋の構造がWi-Fiに適していないからだ。「プラントのレイアウトの問題だ。至るところに金属があるし、オーバーヘッドコンベアもある」。さらに、電波の干渉の問題もBarnes氏を悩ませた。あちらこちらの古い機器が使用している周波数との干渉だ。

↑ページ先頭へ