TOPWireless > 米家電大手Whirlpool、プライベート5G導入を進める狙...

Wireless

米家電大手Whirlpool、プライベート5G導入を進める狙いは(中)

2020/01/08

Maria Korolov Network World

 米国でプライベート5Gネットワークの早期導入を進めている企業の1つが、大手家電メーカーの米Whirlpoolだ。オハイオ州の工場の1つにプライベート5Gを導入する狙いは、無人搬送車の制御に伴う問題を解決することにある。

前回から続く)

Credit: Vertigo3D / Getty Images

 5G導入の第1段階では、工場の中心部の20万平方フィートをカバーする。最初は、5Gインフラの提供と管理の両方をAT&Tが担うが、将来的に、管理面はWhirlpoolに移行していく。「様子が完全に分かったら、最終的には当社が自ら行う」とBarnes氏は言う。移行後は、自力で解決できない問題が生じた時に、随時AT&Tの助言を仰ぐ形となる。

 現在、工場で稼働している搬送車は100台ほどあるが、無人のものはわずかだ。5G導入後は、無人の搬送車を80%まで増やすことをBarnes氏は考えている。5G導入がうまくいったら、無人搬送車の用途を拡大していく可能性もある。「当社のこれまでのテストでは、100%無人にできるとの結果が得られている。工場全体で自動運転車に完全移行し、保守や搬送をはじめ、製造工程を支えるあらゆる用途に対応できる」と、同氏は話す。コストを大幅に削減できるとのことだ。

↑ページ先頭へ