TOPSoftware > Windows 7延長サポート、中小企業が簡単には買えない現...

Software

Windows 7延長サポート、中小企業が簡単には買えない現実(後)

2020/01/16

Gregg Keizer Computerworld

 AskWoody.comの12月16日の記事によると、Bradley氏は次のように話している。「現時点では、ESUライセンスの購入は簡単ではない。Microsoftは、同社のサイト上のオンラインデータベースでCSPを探すよう勧めている。しかし、そこで見つかるベンダーの大半は、Windows 7 ESUのライセンスを1本や数本という単位で取り扱うことには、まず興味がなさそうだ」

 また、12月7日の投稿によれば、Babinchak氏が利用しているディストリビューターは、ESUの取り扱いが始まることや、注文の処理方法について知らなかった。Microsoftが提示しているCSPの検索ページで見つかるパートナー企業は、中小企業との商売はしていないパートナーが中心だとBradley氏は指摘している。本記事執筆時点では、両氏はESUの購入に成功していない。

 ZDNetのWindows関連コラムで知られるEd Bott氏の報告も同様だ。12月16日の記事によると、ESUを販売してくれるパートナー企業を探してみたが、どこも相手にしてくれなかったという。「あまりに小規模な事業者の金には、Microsoftは興味がないようだ」と同氏は記している。

↑ページ先頭へ