TOPセキュリティ > 産業部門の企業を狙うAPT攻撃、韓国などアジアが主な標的に(...

セキュリティ

産業部門の企業を狙うAPT攻撃、韓国などアジアが主な標的に(前)

2020/01/15

Lucian Constantin CSO

 産業部門向けのサイバーセキュリティを手がける米CyberXの脅威インテリジェンスチームは12月中旬、重要インフラなどの施設や設備に関連する企業を標的としたAPT攻撃キャンペーンを検知したことをブログ記事で発表した。巧妙なスピアフィッシングメールや、無料で使える各種ツールを使った攻撃が行われているという。足が付く恐れがある独自のマルウエアの使用を控えて、広く利用できるツールを活用しているという点で、環境寄生型のサイバースパイ攻撃のトレンドに沿っている。

Credit: Thinkstock

 産業部門向けのサイバーセキュリティを手がける米CyberXの脅威インテリジェンスチームは12月中旬、重要インフラなどの施設や設備に関連する企業を標的としたAPT攻撃キャンペーンを検知したことをブログ記事で発表した。巧妙なスピアフィッシングメールや、無料で使える各種ツールを使った攻撃が行われているという。足が付く恐れがある独自のマルウエアの使用を控えて、広く利用できるツールを活用しているという点で、環境寄生型のサイバースパイ攻撃のトレンドに沿っている。

↑ページ先頭へ